性格とヨーガ療法

人の性格はその人の心の傾向の総計である。



両親からの遺伝や、生育環境によっての性格はありますが、日々の心の傾向が性格を作っていきます。

日々の思考の仕方、感じ方、捉え方を、柔軟性なものにしていけば、性格も変えていけると言う事になります。

性格自体には、良いも悪いもなく、その方の特徴を示す個性として、どれも素晴らしいものだと思います。

ただ、生きていく上で、もっとこんな人になりたい、あんな人がうらやましいなど、自分が望むものになれたら嬉しいですね。


心の柔軟性はヨーガの技法でいくらでも変えていけるものです。



日々の心の柔軟性を得られるようなアドバイスを少し紹介します。


○自分を過小評価しない

自分を、ちっぽけな、哀れなれな存在と思わないこと。誰もが生きているだけで、素晴らしい存在であることを日々気づいて過ごせますように。


○決めつけない、限定をしない

私は、「もうこんな年齢だから」、「わたしにはどうせ無理だわ」ときめつけないこと
それから、「こうあるべき」とか、「こうあって当然」と思うことも傲慢な心です
絶対という事はこの世の中には、ないものと思った方が良いですね


○執着、依存しすぎない

人は、環境や家族、ときには恋人、いろんなものに、多少は執着、依存しながら生きています。
少しの執着は構いませんが、度が過ぎると、必ず自分を苦しめることになりかねません。


○二元対立しない

良い、悪い、出来る、できない 好き、嫌いに多くこだわりすぎないこと
この世はすべて、どちらもワンセットです。
二元対立の心が、争いを生みだします


○感謝の心とともに

ほとんどの悩みは、今に感謝できない心が引きよせます。
感謝の心は人を穏やかにします。
愛の心を持って生きていきましょう


時に性格が、心身症などの病気の引き金になることもありますので、何でも度が過ぎることは気をつけたいです。

頑張りすぎる、仕事中毒、まじめすぎるなどの過剰適応にも気をつけましょう


感情にも、良い悪いはありませんので、抑圧しすぎないように

ヨーガを行っていると、「たんたんに生きるのが良いこと」みたいな落とし穴がありますので
感情も上手に出すときは出してよいのです。


性格は、変わります。

ヨーガをする時の何も考えない、心穏やかな時間を過ごすことが、心の栄養にもなり、善性の心を育みます。

ヨーガな生活を取り入れ、上手に生きていけますように・・