うつ病とヨーガ療法

うつ病は心の風邪ともいわれ、現代では社会問題になり、精神的な苦痛で悩まれている方が多いです

最近ではうつ病でも、比較的程度の低いものや、冬季うつといった季節的なものなど分類がされるようになっています。

なんとなくやる気がでない、気分が落ち込む、いつも行っていることがつまらなくなってくるなどの症状は辛いですね

脳が委縮することにより、記憶力、集中力の低下、身体的には不眠症、消化不良、頭痛、さまざまな症状があり、パニック障害からうつ病を併発する場合もあります。

うつ病の症状で、悩まれて、比較的安定した時期にヨーガに通ってきていただいて、良い効果を得ています。ヨーガ療法学会でもうつ病の症例は沢山出ております。

薬物療法はもちろん大切ですが、自分で直すという心構えも大切と思われます。

うつ病は、セロトニン不足で脳の委縮がおこります。

呼吸法はダイレクトに脳神経を刺激します。セロトニンも増やし、脳の委縮の改善が促されます。



そしてうつ病はその方の性格がとても関与してきます。

うつ病になりやすい性格特徴

強い責任感、真面目、頑張りや、几帳面、完璧主義など



マイペースで、完璧じゃなくても大丈夫、苦手なことは見栄を張っておこなわない

楽観的、 上手に人に甘えられる 心を開いて、正直になる

周囲の評価に左右されないように生活していくことができるようになることも大切ですね

性格はヨーガをするとどんどん変わっていきます。



そして、いつでもリラックスしながら生きていくことも大切ですね。

もっと上手に力を抜いて生きられますように。

人気の投稿