アンチエイジングとヨーガ療法


美しさ、若さは女性にとっても聞き逃せない話ですね

外見だけではなく、体の内側からも綺麗に美しくありありたいものです

昔のヨーガ行者さんは 200歳300歳まで生きていたというお話もありますので、ヨーガはもともと
超アンチエイジングになっています


アンチエイジングには、成長ホルモンの分泌が必要不可欠です。
副腎で作られる大部分のホルモンの源の重要な、50種類以上のマザーホルモンは、

免疫力の維持

細胞の再生能力

肌の張り、若々しさの維持、

性ホルモンの安定

抗うつ等の

様々な良い効果を発揮します



主要なアンチエイジングホルモンとしては、メラトニン、 成長ホルモン、皆さんも一度は耳にしたことのあると思います。

メラトニンンは眠りを誘うホルモンで、随時、セロトニンに変えられていく重要のホルモンでもあります。

よく、美肌には夜の睡眠を10時から2時までは寝た方がいいというのはこの時間に成長ホルモンが促されるからです

夜の暗がりでの睡眠は、新陳代謝を活性化し、肌に張りやツヤを出します。

更年期障害の改善、疲労回復が早くなり、血圧安定、性的機能の改善、視力向上、骨粗しょう症予防、免疫力向上、白髪の改善とまさに若返りホルモンです。

それから、成長ホルモンには強力な脂肪分解作用もあります。



成長ホルモンを促すには、体を動かすことが大事ですが、ただストレッチのように体を伸ばすだけでは効果は期待できません。

筋力を使う アイソメトリック(押しあったり、ひっぱたり負荷をかける)な動きが成長ホルモンを良く促します。

激しい運度を行わなくても、むしろ激しい動きをする必要はなく、力がない女性や、お年を召した方にも簡単に行え、しっかり成長ホルモンが促されるのです。

 リズムを伴う運動、例えば、ウォーキングや腹式呼吸も有効です。


ヨーガセラピーは、しっかり負荷をかけるような動きを沢山取り入れて、リズム運動にもなっています。


ヨーガでアンチエイジングホルモンを沢山促していきましょう



そして、ヨーガ療法はフリーラジカルや活性酸素の除去にも役立ちます。

フリーラジカルは、例えば、ストレス、紫外線、放射線、たばこが要因で発生すると言われていますが、実際にチエノブイリで被曝された方へのヨーガ療法の支援で、活性酸素の数値が減るという効果が出ています。

これは、抗酸化力が上がり、まさしく老化にも有効でアンチエイジングそのものです。





外側からいろんなものを塗ってみたり、サプリメントを取ったりと外側からのことばかり、私たちは何かをしたくなるのですが、

まずは、内側からの力、自然治癒力、デトックスする力を最大限に引き出すことが、本当の美しさにつながります。

体はもちろんですが、瞑想でも心のあり方、心の柔軟性も高めて、心からも美しい人を目指してくださいね



たっぷりと、まずは自分を愛して、愛される、美しい人になってくださいね~


人気の投稿