10月の瞑想


     
      「他人の幸せを喜び 他人の不幸に泣け」


人が幸せをあじわっている時は一緒に幸せを喜び、人が不幸に泣いている時は一緒に泣ける人になれという智慧の教えです。
いつでも自他共に等しく見ることができているか、他人と自分を別々にみていないか、他人の幸、不幸を共に分かち合えるひとであれというのです



☆ 他人の幸せを共に喜ばせてもらえた体験を・・

☆ 他人の喜びを率直に喜べなかった時の体験を・・



 

人気の投稿