強靭な体作り

いつも、こころのお話が多いので、今日は体の話し


ヨガは全身を良く動かしますので、「運動」という目的としても使用する方が多いです


始めは、みなさんから、「身体が硬いです」と、お知らせして頂くことが非常に多いのですが

それは、きっと沢山のポージングをメディアで取り上げているので、「体が軟らかくないと」という思い込みが出来てしまうので仕方のないことかもしれません


けれど実際はヨガをすることと、身体の柔軟性があることは、まったく無関係と言ってもいいぐらい


「きれいなポーズを取ると、身体にいい効果が入る」と思っている方が大半ですが

けれど、それは全く違うのです。


人それぞれ、体の構造が違うので、先生と同じポージングをしようとするのはとても危険なこと


ヨガをして、逆に体を壊してしまう人が本当に多いです、

よく気をつけて、ご自身の体と対話しながら、身体はゆっくり動かしてください。速い動きよりも、ゆっくりした動きの方が体に良い効果も入ります。


わたしも、段々と慣れてきた方とのヨガ時間は言葉だけで行います。

みなさん目をつぶり、良く自分を見ながら行っていますね



もちろん、身体の柔軟性をつけてもいいです。

ただ、柔軟性が増したから、健康になるわけではありません、と言い切ってしまって
みなさんがっかりしないでくださいね。

でも、実際はそうなのです。

「ヨガは綺麗なポージングができることが目的ではないのは知っている」という方でも、

実際はそのように行っている人が多いのが実情。





それから、一流のスポーツ選手の方は、現在はマシーンを使って筋肉トレーニングはしないと聞きました。

マシーンを使わずに、身体に負荷をかけて、しなやかな筋肉を作り、強靭な体を作っています。


そしてそれは、事実、昔からヨガでは行われていたことです。


私たちヨーガ療法士はその術を日々、みなさんにお伝えしています。

最先端な、強靭な体を作る術をヨーガセラピストから是非学んでください。


柔軟性も後からついてもきますのでどうぞご安心を・・

ですが柔軟性をつけるだけのヨガはもったいないので、使える筋肉を作り、しなやかな、強靭な体をヨガでぜひ養ってください。


こころも体もしなやかに~

強靭な自分づくりをし、また新たな自分に出会えますように☆