4大ヨーガ

今日ではヨーガはブームと言われ、沢山の方に親しまれていますが、そもそも5000年ぐらい前からずーと行われてきたヨーガ。今更ブームというよりある意味、昔から生活の一部であるはずのものだったのかもしれませんね。

ヨーガって一体何?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。「ヨーガってストレッチ体操?肉体の鍛錬方法?あるいは哲学的なもの?」なんてさまざまな考えがあると思います。ヨーガを一言で言うとしたら・・「心の作用を平常にし働きをもコントロールされ、肉体と意識を調和状態にし、生気、感性、理性、霊性などを成長させるものである」。

そしてヨーガにはさまざまな種類がありますね。「よくわからないな~」という方もいらっしゃると思いますがここで大本のヨーガの種類について説明します。
ヨーガは大きく分けてこの4種になります。

● ギャーナ・ヨーガ(知性のヨーガ)
哲学的思索により感覚を制御して自我を克服して心理に到達する。

● ラージャ・ヨーガ(意思のヨーガ)
八部門からなるヨーガ。精神を制御して心理に到達する。普段私たちが行っているヨーガの体操はここに属します。

● バクティ・ヨーガ(感性のヨーガ)
信愛のヨーガ。より高い愛の化学。巡礼、社会奉仕、寄付、祈り


● カルマ・ヨーガ(行為のヨーガ)
利己的な動機をもたず、結果に執着することなく、ただひたすら与えられたカルマ(義務)を果たしていく。

この四種のヨーガはすべてが別々のものではなく、一つの四角に例えるとするとそれぞれが、その面の一つにあたると思っていただけるとわかりやすいかと思います。どれを選んでも同じところに行き着きます。沢山の種類のヨーガが世間にはありますが、本家本元の大本のヨーガはこの四つになるのです。