マタニティとヨーガ

赤ちゃんがお腹にいるマタニティ時期は、ヨガをするのに最も適した頃ではないかなと思われます。


ヨガの語源は「繋がる」と言う意味。


自分ともう一つの命が繋がるということでは、ヨガそのものな時期でもありますし、自然と深い瞑想状態にもなっている時なのではないかとも思われます。


そしてマタニティ時期は、普段よりも身体の柔軟性も増し、感性も鋭くなりますので、ヨーガをするにはとても気持ちの良い最適な時ではないかなと思われます。


マタニティヨーガは、お産に向けての健やかな体と心を養い、赤ちゃんとの繋がりも深めていきます。



陣痛は初めてのお産する方にとっては未知の世界でもあり、不安も多いかと思いますが、しっかり痛みがあること、陣痛があることが「安産」に繋がります。



出産の過程で、自然の鎮痛剤エンドルフィンというホルモンも分泌されます。


古代からずっと行われてきた一番自然な作業です。どうぞ安心して出産に望まれほしいと思います。




ヨーガの動きは、緊張と弛緩の繰り返しになり、まさに陣痛の時も、緊張と弛緩の繰り返しです。


普段の生活で、呼吸を意識することは、ほとんどないと思いますが、今から良く呼吸を感じ、ヨーガで緊張と弛緩を良くみて、陣痛も上手に乗り切っていただければと思います。


無事に出産をされた方から、「ヨーガで呼吸を深くすることを覚えておいて本当に良かったです」と良く聞きます。


緊張せずに、リラックスしながらのお産を迎えられるのですね。


マタニティヨーガは、からだをしっかり動かし、血流やリンパの流れを良くし、妊娠時期特有の足のむくみの解消や、腰痛、肩こりの緩和、免疫力の強化、運動不足の解消にもちろん最適ですが


最も重要な、赤ちゃんの栄養になる、お母さんの「心の安定」を図るのにもっとも有効です。


お腹の中にいるお子さんは、お母さんの心の状態や感情をしっかり受け取っていますので、お母さんの心の健やかさは、赤ちゃんとっての大切な栄養にもなっていきます。


身体の動きをゆっくりと動かしながらの深い呼吸は、自律神経も調和されて、お母さんの感情や、心の状態までも健やかにしていきます


マタニティヨーガの最中は「赤ちゃんが良く動きます」と皆さんよく仰います。


段々とお母さんがリラックスしてくると、赤ちゃんも喜んでいるのか、お腹の中で、リラックスして良く動くんですね、


これはたとえば、赤ちゃんの位置や、体制もどんどん変わっていくものですが、逆子の状態のお母さんにも良いのかなと思われます。


これから出産、育児と、お子さんを上手に育てることができるだろうかというお母さんがいますが、お子さんが生まれるとプロラクチンという女性ホルモンが分泌されて赤ちゃんが可愛く思えるホルモンも出てくるそうですよ。


マタニティ時期は、繊細な時期でもあり、不安な時もあると思いますが、これからお産を迎える女性にとってまさしく人生の一大イベントでもあり、こんなに素晴らしい時期はないと思います。



そして出産は、おそらく、もっとも素晴らしい瞑想体験でもあると思います。



自然の恩恵を十分に感じて、どうぞ、素晴らしいマタニティ時期を楽しみながら過ごされて頂ければなと思います。



人気の投稿