頓服薬としてのヨガ

頓服薬は、症状が辛い時、必要な時に服用するお薬ですが


精神科の先生に、「お風呂に入ることと、ヨーガをすることは頓服薬と同じような効果があるから」と

「ヨガを勧められました」と仰る生徒さんの話を聞いたことがあります(すべての人がそうとは限りませんご注意を)


つまり、温泉療法とヨーガ療法のことです


気分が落ち込んでいる時にお風呂に入ると気分がスッキリすることは、誰でも体験することだと思います。



そして、ヨガの呼吸法についてですが、
呼吸を深くすることで、肺胞の毛細血管が膨らんだときに「プロスタグランジンI2」という物質が作られるそうです。

これは、血圧を下げたり、脳梗塞、心筋梗塞や動脈硬化の予防など、血管を拡張したり、血栓の形成を防ぐという特徴があるそうです。

このプロスタグランジンI2は鎮痛剤にも入っていますので、呼吸を深くすることで、痛みの緩和にもつながるのかなと思います。


ヨーガは深い呼吸法をすることで、脳の視床下部が刺激され、自律神経のバランスを図ります。

自律神経のバランスが取れると、ホルモンバランスや感情のバランスにもつながります。


そして呼吸を客観視することで、客観性が養われ、セルフマネージメントにも繋がっていきます。


眠れないときには、呼吸法をすることにより、眠れるようになりますと言う生徒さんの話は今まで沢山聞いてきました。



頓服薬としてのヨーガ


呼吸法は薬と同じぐらいの作用をもたらしていく事を、日々実感しております。


太古の昔から人々の暮らしに必要とされ、現代まで生き残ってきたヨーガは

まさにセルフケア、セルフマネージメント法ですね。