高血圧とヨーガ療法

血圧は、心臓から送りだされた血液が動脈の内壁を押す力です。


高血圧は自覚症状が何もないことが多いですが、脳卒中、腎不全のリスクも上がり、高脂血症、糖尿病との合併が問題視されます。


精神的なストレスから緊張状態が長く続くと副腎からアドレナリンが分泌され交感神経優位になり血圧が上昇します。

高血圧の方は長期的に薬の服用をすることになりますが、降圧薬は血圧を下げ、合併症のリスクを下げる目的であり、根本的に治療すものではなく、あくまでも対症療法です。


血圧の高い方が、定期的にヨガを行っていただき、降圧剤の程度を徐々に下げ、服用を控えるまでになった症例はあります。


本態性高血圧が原因が分からないものの、確かに、遺伝要素も考えられますし、さまざまな要因が考えられます。

季節や、時間帯、食生活、さまざまな要因で、血圧は上がりますが、常日頃の心の状態も、血圧にも多かれ少なかれ、影響があるともいます。


ストレスが強いと血圧も上がりやすくなるのでないかと考えます。

一概には言えませんが、血圧が高い方、あくまでも私の見解ですが、頑張り気質の方に多く見られるように思う時があります。


頑張ると、交感神経が優位になり、血圧も上がります。


血圧を上げてしまう、交感神経が長く続くような生活習慣の見直し、必要かと思われます。


自分の中で「嫌だなと思う事」は、頑張ってするしかない

でも嫌ではないことは、楽しく行える。


生活全般を、嫌なことだらけにしないのが一つのコツかもしれませんね。


まずは、嫌なことだと気づくのが先決かもしれません


そんな、自分では気づくことができない心の状態を、ヨガをすると客観的に見れるようになり
バランスが取れてきますね。


呼吸と動きをゆっくり行う事で、副交感神経が優位になり、血圧を下げていきます。


ヨガを終わった後は、大抵、血圧が下がります。

血圧が上がるようなヨガはお勧めできませんのでご注意を。


普段から自律神経の調整する呼吸法を気持ちよく行いましょう


血圧の高い方は、長い間ストレスがかかるようなことは出来るだけ避けるようにし、心地よい生活習慣を心がけてお過ごしくださいますように・・